ゲームクリエイタースクールで基礎を学ぶ

ゲームクリエイタースクールに通ってプロを目指しませんか。
ゲームクリエイタースクールでは即戦力としての活躍できる技術・知識を身に付けられます。
ゲームは好きだけど作れるか自信が無い……という方はぜひ、ゲームクリエイタースクールに通いましょう。
ゲームクリエイタースクール前にちょっと予習しておくと周りと差が付くポイントをご紹介します。

ゲームデザイナーを目指して学校に通う前に、最低限の基礎は身につけておきましょう。

ゲームデザイナーとしての仕事は、グラフィックをデジタル化してゲームのキャラクターや背景を構築していくのですが、グラフィックを考えるためにはイラストという基礎ができていなければなりません。

多くのゲームの学校では、ゲーム制作に必要なデジタルの部分だけを教えて、イラストの指導を疎かにしていることがあります。

なので、ゲームデザイナーとして学校に入る前にある程度のイラストを描けるようにしておかなければならず、もしイラストが描けないとなると授業についていけないといった事態に陥ってしまうこともあります。

そこで、このページではイラストを描けるようになるためにレベルに合わせて、「スケッチ」、「デッサン」、「パース」の3段階にわけて紹介していきます。

art_a30

★ スケッチ

スケッチのやり方としては、あまり細かく書かず、二度書きや影をつけるといった作業は行わないで、一本の線で表現していきます。

その際に、先のとがったHB以下の濃さである鉛筆やシャープペンシルを使うようにしてください。

物の立体感覚を養うためのスケッチなので、じっくりと観察しながら取り組みましょう。

描き始めは下手で嫌になってしまうかもしれませんが、毎日続けていくことでコツを掴み上達するので、ゲームデザイナーという夢を掴むため根気よく取り組んでください。

★ デッサン

デッサンは、スケッチに影をつけたり、強弱をつけたり、より細かく描いたものです。

スケッチがまどろっこしい人は、デッサンから入るのでもかまいません。

デッサンは、とりあえず描きまくれば上達すると思っている人は、一向に上達しないでしょう。

なぜなら、デッサンとは見て→描くという作業ではなく見て→考えて→描くものだからです。

なので、ただ単に見て描いているだけでは上達せず、どういう構造なのか、どんなモチーフで作られているのかを理解することこそデッサンには必要なのです。

★ パース

パースとは、建物や風景を奥行きをつけて描くことで、遠近法をうまく取り入れるために訓練する必要があります。

ゲームを作る際には、多くのゲームで建物が登場するので、パースの練習は必要不可欠でしょう。

また、描く対象も一つではなく、視界に入る全体を描かなければならないので、バランス感覚の難易度がスケッチやデッサンよりも当然高くなります。

パースを練習する際は、写真を横に並べて見比べながら描くと上達しやすいですよ。

ゲームクリエイタースクールに通う前に、事前に学んでおいた方が良いことを知っておくと安心しますね。
ゲームクリエイターとして活躍するためにもスクールでしっかりと学びましょう。
ゲームを愛する仲間たちとゲームクリエイタースクールで学びましょう。
ゲームクリエイタースクールでプロを目指しましょう。

ゲームクリエイタースクールで力が身につく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>